さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


2013年08月09日

満寿屋の原稿用紙

とうとう憧れの満寿屋の原稿用紙を買ってしまいました。


満寿屋の原稿用紙といえば、直木賞作家の大先生が、

名入りの満寿屋の原稿用紙でモンブランの149でさらさらと原稿を書くイメージが強く、

敷居が高かったんです。


実際に買ってみたら、実用品としての価格設定です。

ただ、原稿用紙を何に使うかが問題です。

普段使っていないものが、原稿用紙で手紙を書くのも勇気がいりますしね。



FridayWorkshop「万年筆で美しい文字を書こう6」でのお題が、「原稿用紙を美しく書く」なので、

その練習用に満寿屋の原稿用紙を贅沢にも使っています。(ライフのノートはちょっとお休み中です)

今は、家にある細字の万年筆でとっかえひっかえ、用紙との相性をチェック中です。


さすがにプロ仕様です。何が良いかはまだ言える状態ではありませんが、

普通に書きやすい用紙です。

たぶん、「普通に書きやすい」自体がたいしたことなんだと、何げに思います。





同じカテゴリー()の記事画像
原稿用紙
和歌を葉書に書く
漢詩は難しい
楷書
消しゴムはんこ その3
消しゴムはんこ
同じカテゴリー()の記事
 原稿用紙 (2013-08-09 09:53)
 和歌を葉書に書く (2012-03-17 14:10)
 漢詩は難しい (2012-03-05 00:18)
 楷書 (2011-10-22 06:44)
 消しゴムはんこ その3 (2011-02-22 11:28)
 消しゴムはんこ (2011-02-08 11:28)

Posted by ひろなお at 10:09│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
満寿屋の原稿用紙
    コメント(0)